通関士の役割:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
通関士の役割:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ


>>ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ

HOME >> 通関士の役割

通関士の活躍

 通関士の活躍の場は「通関業者」になります。といっても専業の会社はほとんどありません。
 例えば倉庫会社だったり運送会社が兼業してたりというケースが多いようです。

 まず通関業者が通関業を営むためにはきちんとした決まりがあり、必ず一人通関士を営業所に置かなければならない。となっています。

 また営業所での通関士の仕事は通関書類を審査したり、作成、押印など独占的な業務内容となるため欠かす事はできません。

 そのため航空貨物の取り扱いが増え続ける日本にとってはこれからますます必要とされ、男女を問わず活躍できる場となるのです。

通関士

通関士 メリット

 通関士の資格を取ったらどんなメリットがあるのでしょうか。

 それは通関士の資格を取得すると通関業者へ就職・転職する時に有利になります。また通関士は貿易に関連する会社に就職・転職する時も有利になります。

 もちろんそういう職業だけでなく一般の企業でも通関士としても知識は役に立ちます。また近年では海外取引が広がってきているなどの理由から「通関士資格取得者」というだけでなく「経験豊富な通関士」が必要とされてきています。

 それに通関士の必要性はさらに高まります。というのも規制が緩和されたため通関業の許可が受けやすくなったなどの理由により通関業を兼業する企業が増えることから、これからも通関士の需要は高まっていく事となるのです。

通関士

輸出実務の流れ

 通関士が行う輸出実務には通関手続きについてはもちろんのこと、実務全体の流れを把握しておかなければなりません。

 まずは貨物を輸出する側と、その貨物を受け入れる側との契約を結ぶことから始まります。
 契約の内容としては売買契約、代金決済方法、梱包、輸送、保険などがあります。

 しかし輸出認証が必要となる貨物の場合には経済産業省か税関長に輸出を許可してもらうため申請をしなければなりません。

 そして輸出する貨物を税関法で定められている保税地域へと運び税関に「輸出しますよ」という申告をするのですが、これら一連の流れが通関士の行う輸出実務の流れとなります。

通関士

輸入実務の流れ

 通関士は輸入者に代わって通関手続きを行うのですが、これは輸入者から「輸入認証」を受け取った時点で通関手続きの依頼を引き受けた事になります。

 通関手続きを受けた通関士はまず輸入されてきた貨物を保税地域に運び入れて税関に輸入(納税)申告をします。ここで提出する書類が輸入申告書です。

 すると書類を受け取った税関は輸入されてきた貨物を異常がないか検査します。異常がなければ関税・消費税を支払い輸入してもいいですよ。と許可が下りれば保税地域から輸入されてきた貨物を搬出するのです。

 これらの流れが通関士が行う輸入実務の流れとなります。輸入実務、輸出実務などで行われる実務が通関手続きの代行という通関士の仕事となるのです。

通関士


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    通関士の役割