出題形式等の変更:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
出題形式等の変更:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 通関士試験科目のポイント >> 出題形式等の変更 >>通関士

出題形式等の変更

 平成18年度から以前まで試験で取り入れられていた「空欄記述式」がなくなり「語群選択式」となりました。

 また輸出入申告書の書式がNACCS(通関情報処理システム)に伴い画面形成となりました。そのため通関士の試験で通関書類作成に関してはNACCSによる申告を前提とした出題となります。

 ですが、勉強を進めていく上では基本的に今までと変わりません。仕入書(INVOICE)を正しく読み取り、輸出統計品目表や実行関税率表を基に貨物の統計品目番号を正確に選ぶことができるようになりましょう。

 このように出題方式は変わっても勉強のポイントに変わりはありませんのでポイントをしっかり押さえておきましょう。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【通関士試験科目のポイントカテゴリーの関連記事】

    通関士 試験科目 ポイント
    通関業法
    出題形式等の変更
    関税法 関税定率法のポイント
    書類作成のポイント
    輸出申告書の作成要領
    輸入申告書の作成要領
    関税額の計算
    通関士 出題形式のポイント!


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    出題形式等の変更