通関士試験学習の進め方:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
通関士試験学習の進め方:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ


>>ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ

HOME >> 通関士試験学習の進め方

通関士 学習の進め方

 これは通関士の資格を取ろうと勉強し始めた時に多かった疑問点などを質問回答形式で挙げていきます。

 ・法律関係は文章そのまま覚えなければなりませんか?

 A 通関士という試験そのものが法律の試験となりますので法律の規定の内容を理解できていなければ問題に答えることはできません。
 そのため文章そのままというより文章の中身を理解しましょう。

 ・試験形式が記述式から空欄記述式になりましたよね。そこでその問題形式に対する勉強法はどうしたらいいですか?

 A 空欄記述式というのは文章の途中にある□□□の中に適当な語句を入れて文章を完成さる。というものですが、法令の規定やキーワードなどをきちんと覚えていれば大丈夫です。

 ・その事柄が規定されている法律の第何条何号まで覚える必要はありますか?逆に第何条には何が規定されているかまで覚える必要はありますか?

 A これはどちらも必要ありませんが、どんな事が「書かれているか」ではなくどんな事が「規定されているか」中身をしっかり理解することが大切です。

 ・合格への近道やコツはありますか?

 A 通関士の資格に限らずだと思いますが近道といわれればありませんね。とは言っても覚えなくてもいい部分というのもあるのも事実ですのでそういう所を省いて無駄のない勉強法を目指すしかありません。

 また過去問題も何度も繰り返すことで問題の傾向がわかってくると思います。地道にコツコツ学習して合格を目指しましょう。

 ・参考書などを読んでいると聞いた事のないような言葉ばかり出てきますがこんな私でも大丈夫でしょうか?

 A 通関士の試験範囲の法律に関しては条文ではどのようなことが定められているかを問われます。法律に関する言葉以外は一般的な言葉ばかりです。

 例えば通関業法を勉強している人から「成年被後見人」って何のことですか?と聞かれたことがありますが、この成年被後見人という言葉は民法で定められている言葉です。そのため通関士試験に民法が入っていない以上はこの言葉の意味について問われる事はありません。

 ただしこの言葉を使った問題が出される場合はあります。この時に理解しなければならないのは「成年被後見人に通関業の許可はされないが、成年被後見を受けていた状態が解除されると欠格事由ではなくなる」ということです。
 これは通関業法で定められているので覚えておきましょう。

 通関士試験で問われる言葉の意味などはテキストや過去問題集などで解説されていると思いますのでそれ以外で知らない言葉が出てきたら辞典などで調べた程度で十分です。

 また通関士は貿易に関連する資格になりますので日頃から新聞などで国際経済などの記事には目を通しておきましょう。

通関士

テキスト・問題集の活用

 通関士試験合格へ向けて教材にて勉強を進めていくのもいいですが、他にもテキストや問題集なども活用してみましょう。ですが選ぶ時は慎重に!

 ・基本テキスト・・・試験範囲となっている科目の重要なポイントを分りやすく解説しているメインテキストです。

 ・参考テキスト・・・記述式や計算問題などの実際の試験での問題の解き方や通関書類作成対策や条文解説などが載っている専門テキストです。

 ・演習問題集・・・一通りの勉強が終わってある程度知識が身についてから行う、実際の試験でどのような問題が出されるかなどを想定した問題集です。

 ・申告書作成問題集・・・試験科目の一つである書類作成。この申告書の書類作成の能力をつけることを目的とした問題集です。

 ・過去問題集・・・今まで過去に行われた通関士試験の実際の問題の出題傾向を分析して編集された問題集です。

 ・関税六法・・・通関士試験の試験項目とされている必要な法令をまとめたものです。

 これらのテキストや問題集なども有効に活用しましょう。

通関士

インターネットを活用

通関士
 試験合格に向けて本ばかりでなくインターネットも活用しましょう。試験の情報や講座の情報など勉強を進めるために必要な情報は数多く掲載されています。

 その中でも財務省の税関HPや(財)日本関税協会のHPなどには通関士の試験に役立つ情報も掲載されていますので一度HPを訪問してみましょう。

 また通関士講座など選択する場合にも役立つ情報がありますし、通関士に関係した個人のHPなどは同じ目的の人や実際に試験に合格された人達と交流できる場としても活用できます。

通関士

合格へ向けてのチェックポイント

 通関士の勉強を始めるに当たってチェックポイントをまとめてみました。

 ・通関や貿易などの知識が全くなくゼロからのスタートの方は通関士講座を利用し、6ヶ月間の学習期間を目安にする。

 ・既にその仕事をしている実務経験者で学校や通信講座を希望しない独学での勉強を希望する人も単科講座などを利用して弱い分野を把握して克服する。

 ・通関士の試験範囲となっている科目の内容を一通り確認してから個別のポイント学習をしていく。

 ・最初に選ぶ基本テキストは内容を他の基本テキストと比較してしっかり選び試験まで徹底的に使い込む。

 ・試験1〜2ヶ月前に行われる模擬試験には出来る限り参加する。

 ・勉強している時間に限らずできるだけ日々の生活で学習内容に触れることが出来るようにする。例えば新聞や雑誌の通関に関する記事を読むなど。

 ・過去問題集などからどういう条文などが出題頻度が高いものなのかを把握する。

 ・できるだけ問題集に取り組む時間を多くとることにより、本試験の流れや問題をよく読んで理解した上で問題を解けるよう練習する。

 これらを通関士の試験本番までにしっかり自己確認しておきましょう。

通関士

試験直前

 いよいよ通関士の試験を目前に控えました。さて試験直前にしておくこととは?

 それは今まで学習してきた事の総復習です。模擬試験や、過去問題などを解いていく内に自分の弱点というのが見えてくると思います。

 しかし通関士の合格基準というのは全ての科目に7割以上の正解率がないと合格できないという難易度の高いもの。

 そこで自分の苦手とする科目や弱点などがないようにしておかないと合格できる確率は低いのです。

 なので最後に総まとめとして全体の復習をしっかりしましょう。特に記述式や申告書などの書類作成については何度も重点的に復習して苦手科目、弱点を克服しましょう。

通関士

試験直前の準備

通関士
 通関士の試験が後1週間先となったら当日の持ち物などを準備を始めましょう。忘れ物はないかなどしっかり確認し、余裕を持って試験当日に臨めるよう準備しておきましょう。

 また持ち物だけでなく試験会場までの交通手段や当日でなければ準備できないものなどもチェックしておきましょう。特に何の試験でもそうですが受験票だけは決して忘れないように。

 この頃から試験当日に向けて規則正しい生活を心がけ試験当日に体調を崩したり寝不足だったりということがないよう試験が終了するまでは気を抜かないでください。

通関士

NACCS特例法

通関士
 通関業務のIT化が進みNACCSというシステムが導入されるところが多くなってきました。そのためこのシステムに関する特例法も定められています。

 このシステムに関しての出題傾向は特例法ですので関税法での原則、NACCS特例法の中身をしっかり読んで違いを把握しておきましょう。

 過去問題集を持っている人は過去問題を何度も繰り返し解いていくことで本試験での正解率もアップします。

通関士

NACCS特例法と外国為替に関する法令の学習手順

 外国為替及び外国貿易法については以前までは択一式での問題でしたが最近では記述式でもこの法律に関する問題が出題されているようです。

 そのため法律で定められている条文の内容と、使われている語句の意味をしっかり理解しておく必要があります。

通関士

学習手順

 ここでは各法律などについての学習手順を説明します。

 ・基本テキストに書いてある各条文に対しての説明文をきちんと読んでしっかり理解しましょう。

 ・あなたが持っている資料集などに書かれている文章と条項を確認して、中身を理解しましょう。

 ・テキストと過去問題集を照らし合わせてテキストに書かれている条項についての問題に挑戦してみましょう。

 ・もし問題を解いてみて答えに自信のない箇所については正解を見る前にテキストを読み直し、テキストから自分で解答を見つけましょう。

 ・問題に対してどうしてこの選択肢を選んだのかを自分なりに考えてから解答、解説を確認しましょう。

 どの科目でもいえることですが、通関士は法律が多く絡んでくる資格ですので法律で定められているそれぞれの条文がどの制度のことを指しているのか、またどのような場面で適用されるのかなど一つ一つの違いをきちんと理解しておきましょう。

通関士

専門用語

通関士
 通関士に関する専門用語は数多く出てきます。それぞれの専門用語がどのような意味を持つのかを理解しておきましょう。

 でなければ文章全体を理解することはできません。そこで分らない言葉についてはインターネットなども活用し、調べてみましょう。

 この時通関士の専門用語を掲載しているホームページは多数ありますが、(財)日本関税協会のホームページの貿易関連用語集で調べるのがいいでしょう。

 なぜなら他のホームページでも専門用語を解説しているとはいっても本当にその言葉の意味しか掲載されていないのに対して、日本関税協会のホームページであれば専門用語に対する解説の中に更に専門用語が出てきた場合に解説文の中の専門用語に対してもすぐ調べられるようリンクされているので便利だからです。

 例えば「育成者権」や「インボス(invoice)」等などがありますね。また通関業務の必要書類は世界共通語といわれている英語で書かれています。法律に関する語句はもちろん、書類作成などに必要とされる英語力も身につけておく必要があります。

通関士


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    通関士試験学習の進め方