問題集や過去問題集に書き込みはしない:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
問題集や過去問題集に書き込みはしない:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 合格への近道【法則】 >> 問題集や過去問題集に書き込みはしない >>通関士

問題集や過去問題集に書き込みはしない

 そもそも問題集や過去問題集というのは一度やって終わりではなく試験当日まで何度も見直すことを前提としていますので書き込みはしないようにしましょう。

 ただしここで書き込んでいいのは問題を解いてみて間違えた問題に小さくチェックを入れることだけです。

 繰り返し問題を解いていくことで自分が以前どこで間違えたのかを把握できます。またもし問題集などに書き込んで問題を解いていくと次に同じ問題を解く時に書き込んだ事柄が問題を解くヒントとなってしまいます。

 それだと繰り返し問題集をやっている意味がなくなってしまいます。そのため繰り返し使う問題集には書き込みはせず問題に慣れることと、出題傾向を把握すること、それに繰り返し問題を解いていくうち間違いを減らすことを目的として問題集を活用しましょう。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【合格への近道【法則】カテゴリーの関連記事】

    合格への近道の法則
    問題集や過去問題集に書き込みはしない
    テキストにどんどん書き込む
    気持ちを割り切る
    気持ちを割り切るその1
    気持ちを割り切るその2
    復習を忘れない
    情報収集は最小限に


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    問題集や過去問題集に書き込みはしない