過去問題集の選び方:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
過去問題集の選び方:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 合格への近道【原則】 >> 過去問題集の選び方 >>通関士

過去問題集の選び方

 よく過去問題集の表紙などに「過去○年分の問題を集めました」のように何年分の過去問題が掲載されているのか分るようになっていますよね。

 そこで通関士の過去問題集を選ぶ時は過去10年分の過去問題が載っているものを選びましょう。中途半端に3年分や5年分のものは必要ありません。

 とにかく10年分を目安とし、10年間でどのような問題が出題されたのか、問題の出題傾向を把握するためには10年分は必要とされると思います。

 初めて通関士の試験を受けるなら尚更幅広い出題形式に慣れておく必要があるため10年分は必要になるのではないでしょうか。

 また選ぶポイントにもう一つ。それはテキストと問題集同様解説がたくさん載っているものを選ぶようにしましょう。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【合格への近道【原則】カテゴリーの関連記事】

    通関士試験合格への近道の原則
    テキストの選び方
    問題集の選び方
    テキストと問題集は同じ出版社のものを
    過去問題集の選び方
    問題集からテキストを抜粋
    問題演習の量


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    過去問題集の選び方