テキストと問題集は同じ出版社のものを:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
テキストと問題集は同じ出版社のものを:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 合格への近道【原則】 >> テキストと問題集は同じ出版社のものを >>通関士

テキストと問題集は同じ出版社のものを

これは何故かというとテキストと問題集が同じ出版社なら問題を解いていて分らない所をテキストで調べようとする時に効率よく調べる事が出来ることにより勉強も捗る(はかどる)からです。

 同じ出版社のものだとテキストと問題集がリンクされていますので非常に使い勝手がいいというのも理由の一つです。

 またテキスト、問題集は慎重に選んだものをと言いましたが選んで購入したらそれ以外のテキストは買わない方がいいでしょう。解説の内容、ポイントは各テキストによって違います。

 そのためもし自分が買ったテキストで勉強を進めていくうちに新たに発見したことや自分が注目した部分などを分りやすく工夫してテキストに書き込むようにしましょう。

 テキストをサブノートとして代用することによってノートに書き込む手間と時間を省く事が出来ます。

 また自分でまとめた事柄とテキストに書かれている事柄を統一することによりテキストを読み返した時に自分がどこで躓いた(つまづいた)のか把握する事ができるので弱点の克服にもつながります。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【合格への近道【原則】カテゴリーの関連記事】

    通関士試験合格への近道の原則
    テキストの選び方
    問題集の選び方
    テキストと問題集は同じ出版社のものを
    過去問題集の選び方
    問題集からテキストを抜粋
    問題演習の量


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    テキストと問題集は同じ出版社のものを