資格の流れ:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
資格の流れ:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 通関士の基礎知識 >> 資格の流れ >>通関士

資格の流れ

 昭和42年に制定された通関業法により通関業制度ができたわけですが、通関業法が施工されてからは通関業を取り巻く環境大きくは変化しました。

 どんな風に変化したかというと、流通を迅速にするため海上貨物がコンテナ化されるとともに小口急送貨物が増加し航空貨物の需要が増え続けるほか税関手続きの電算化も変化してきました。

 このように輸出・輸入貨物共に増え続け通関業者の業務の量も増えている一方で貨物の荷主は迅速通関つまり税関手続きを迅速に済ませたいと希望しています。
 そのため通関業者の必要性は大きくまた重要性も増加してきています。

 又その他の変化としては適正な納税申告を確保するなどの理由により平成9年10月に関税に関わる加算税が導入されました。

 その賦課(ふか)事例を見てみると関税分類の誤りの原因となるものが多いため荷主の委託を受け手続きや書類作成などを代行する通関士の専門能力は更に重要となってきているのです。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【通関士の基礎知識カテゴリーの関連記事】

    通関士
    通関士となるためには
    資格の流れ


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    資格の流れ