NACCS:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
NACCS:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 通関業者とは >> NACCS >>通関士

NACCS

NACCSとは通関情報処理システムのことで貨物の輸出入の増大に伴い税関に関連する通関手続きを「速く・正確に」行えるよう導入されたコンピュータによるネットワークシステムです。

 このシステムが導入されているのは税関や銀行、税関業務に関連している会社で、このシステム導入により平成18年から通関士の試験内容も多少変更になりました。


 このNACCSには2種類あります。
 航空貨物・・・航空システム
 海上貨物・・・海上システム

 「NACCS」の仕組みは

 ホストコンピューター
 (↓ ↑)←互いを通信回線で繋ぎ税関各種手続きなどをオンラインで処理
 民間利用者(航空会社・通関業者など)

 全国で主に使われている空港や海港ではこのシステムが導入され日本全国から輸出される申告件数の全体の約8割はNACCSが処理しています。

 このシステムにより税関手続きを円滑に行えるようになり大きな効果をあげているのです。

 このシステムも通関士の試験で問われることがあります。今までの手作業の通関業務からIT化された通関業務となってきますので通関士の資格を取ったらマニュアルをしっかり把握しましょう。

 またこのシステムについての法令もありますのでしっかり理解しておきましょう。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【通関業者とはカテゴリーの関連記事】

    通関業者とは
    通関業法とは
    NACCS


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    NACCS