保税工場:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。
保税工場:通関士試験と資格取得後の仕事のコト。

通関士になりたいTOP 試験科目のポイント リンク集 サイトマップ

HOME >> 保税地域とは >> 保税工場 >>通関士

保税工場

 ある物を作る時原材料となる輸入貨物を関税保留にした状態のまま生産加工することができる工場のことです。

 また保税工場はここで生産加工された商品を委託者へ輸出される委託貿易の時にに利用されています。

 この保税工場は民間の工場であっても所属する税関長の許可を取れば保税工場として指定することができます。

 ここでの貨物の蔵置期間は2年と原則として決められていますが、必要があれば期間を延長することができます。

 これは通関士の試験の科目である税関法で定められています。各地域の機能と特徴を把握しておきましょう。


ユーキャンの通関士合格指導講座の資料請求をする
↑ユーキャンの通関士合格指導講座の詳細はコチラ


  • 通関士になりたいっ!人の★ヒューマンアカデミー★

  • ヒューマンアカデミーで通関士・貿易実務の資格を取ろう!
    まずは無料の資料請求から

    « 一つ前のエントリーへ | TOPへ | 次のエントリーへ »

    【保税地域とはカテゴリーの関連記事】

    保税地域とは
    指定保税地域
    保税蔵置場
    保税展示場
    保税工場
    総合保税地域


    TOPページへサイトマップリンク集通関士の基礎知識お問い合わせ
    通関士試験通関士の就職・転職通関士専門学校・スクール

    保税工場